前回の話。


謎のたい焼き1
謎のたい焼き3


迷いながらたどり着いたた場所は
畑のど真ん中にポツンと立っていた
屋台のたこ焼き屋さんでした。

変わったお店でしたが
なんだか幻想的で
わくわくしてしまいました。

一つの屋台にいろいろなメニューがあり
食べるスペースもあるので
テラス席のある居酒屋みたいな感じ。

イベントの出店がなくなったので
親族が所有していた
空き地にお店を出したそう
見つけづらい不便な場所だけど
お店の周りには広い駐車場があって
私たちが来た道とは別の道からは
車でも来れたようです。

別の日に行ったらチョコバナナなどの
甘い系メニューが増えてました。

都市伝説みたいな
結末にならなくてよかった笑


 
ブログリーダーで読者登録していただけるとLINEで更新通知がいきます!

書籍のご案内
コミック4
書籍の内容はブログで一部公開しています

↓1巻のお話はこちら↓
長男の発達の遅れから「発達障害」という言葉を知り自分も当てはまると気づいた時の話

ADHDの私の今までの話

↓2巻のお話はこちら↓
支援が受けられる幼稚園に通い始めた時の話

療育で教わったことの話

私の汚部屋時代の話

共感覚かなと思った時の話

↓3巻のお話はこちら↓
グレーゾーンの子の集まりに参加した時の話

小学校入学前に知能検査を受けた時の話

小学校の学校見学に行った時の話

長男に「時間」を伝えようとした時の話

長男の話し方が「吃音かな?」と思った時の話

運動が苦手な長男に走り方を教えた時の話
このブログの補足です、ご一読頂けると嬉しいです→読者様へ


にほんブログ村

人気ブログランキング