こんにちは。コメント、イイネ!メッセージありがとうございます!!

すべてにお返事ができず申し訳ありません。

すべて嬉しく拝見させて頂いてます!
 
プロフィールはこちらです
このブログの補足です、ご一読頂けると嬉しいです→読者様へ

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

1話の最初はこちら

 2話の最初はこちら

 3話の最初はこちら

4話の最初はこちら

5話の最初はこちら

 

続きます(お返事は5話が終わってからさせて下さい)

 

私も姿勢が悪く手先も不器用で、お箸もエンピツも持ち方にに癖があります

その独特の癖のためか、文字や絵を書くことがとても疲れるし、姿勢が悪く手首の動きだけで描いているせいか大きな絵を描くのが苦手です。(そんなんでもなんとか漫画描いていますが(^▽^;))

 

絵はまあ・・・生活する上ではあまり困らないけど、文字を書くことが疲れやすいのはできれば変えてあげたいなと思っていました。学習する時に困らないように…と思い。

 

先生方のおかげで今長男は私よりエンピツを持つのが上手になりました(^◇^)

続きです↓


□■□■□■□■□


□■□■□■□■□

書籍の内容ブログで一部公開してます。
最初の話はこちら↓
発達障害を知ったとき  療育で教わったこと  共感覚? 汚部屋時代 幼稚園生活 グレーの子たちの集まりの話 知能検査の話 学校見学の話 時間を伝えようとした話 吃音?と思った時の話 走り方の話 

□■□■□■□■□

書籍のご案内
コミック4