こんにちは。コメント、イイネ!メッセージありがとうございます!!

すべてにお返事ができず申し訳ありません。

すべて嬉しく拝見させて頂いてます!
 
プロフィールはこちらです
このブログの補足です、ご一読頂けると嬉しいです→読者様へ

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

1話の最初はこちら→幼稚園生活の始まり-1

2話の最初はこちら→自分を肯定するための一歩-1

3話の最初はこちら→目で見た物の食感がわかるって変?-1

4話の最初はこちら→私と汚部屋の歴史-1

5話の最初はこちら→幼稚園以外で受けられる療育

 

 

本人の力ももちろんあるのですが、専門家の先生方のサポートはすごいと思います。

 

でも専門家の先生、特に小児のリハビリをしてくれる施設や専門家の先生は少ないようです。

地域によっては支援を受ける場所がなかったり、あっても予約がとりづらかったりするようなので、もっと知ってもらって専門家の先生が増えてくれたら嬉しいななんて思う時があります。

 

私も福祉の仕事をしていたので、学校や研修で、PT、ST、OTのことは職業としては知っていたのですが、働いていた職場は小規模な施設だったのでおらず、正直詳しい仕事内容は知りませんでした。

介護の現場で体操教えたり、半身麻痺の人とかの歩行訓練や、生活する動作の手助けする人…?くらいな認識でした、なので以前は息子がお世話になるなんて考えていませんでした。

 

よく説明すると勘違いされるのですが、整体師さんなどとは違う職業なんですよ(^▽^;)

 

そして、「すぐに効果がないからリハビリに通わなくなった」「電気あててもらった方が早い、注射の方が効く」…なんて高齢者を近所でよく見るのですが、リハビリのやり方を教わって自分で日々やらないと効果がないようです、すぐに痛みが消えたりはしないけど、続けると薬などではなく自分の力で改善するのですごくいいと思うのです、でも考え方は人それぞれだし、電気や注射が悪いとは思いません。

 

なんか私すごいリハビリ進めてる人みたいな文になってしまいましたが、いつもリハビリの事を聞かれてうまく答えられないので今回はこの場で少し紹介させていただきましたσ(^_^;)

 

 

あと一つ…たまに「うちの子も○○が出来ないので療育通ったほうが良いでしょうか?」

 

というようなご質問を頂くのですが今回長男が出来なかったこととして描いた動作が出来ないからといって必ずしも「発達が遅れている」「療育が必要」といったようなことではありません。

 

もし不安になった読者さんがいたらすみません(><;)

私の方からは大丈夫とも、療育を進めるとも言えませんが、気になるようでしたらどこかで、ご相談してみるのもいいのかもしれません。

 

 

そして、新刊のお話をブログでご紹介するのはこれで最後になります。

 

その後の生活や進路、「手帳」「通所支援施設の利用」「次男のその後…」などは書籍の方で描かせて頂きましたので、ご興味のある方は読んで頂けると嬉しいです。

 

よろしくお願い致します。

 

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

長男、次男の生まれてから幼稚園入園をきめるまでや私の過去を描いた1巻はこちら↓

 

 

ブログ内で5話まで公開しています→ニュース

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

Twitterやっています
読者登録してね

↑ランキングに参加しています↓