この話の最初。



だいこん14-1
どの人が安全でどの人が危険なのか…
そんな判断は大人でも難しいですよね…💦

子どもには差別的な考えを
できるだけ持ってほしくないし
人を信じることも教えたいけど
親がいない時に身を守るためには
少し大げさなくらい危機感を持ってほしいので、再度「食べ物をもらわない」「知らない人に付いていかない」といった話をしました。



そして、たまにおばあちゃんが食べ物を置いてくれるあの場所は…
だいこん14-2
野菜やお菓子の他に
トイレットペーパーが品薄な時はトイレットペーパーを置いてくれたり
一度だけですが、マスクが手に入らなかった時にはマスクや除菌グッズを置いてくれました。
マスクは夫が出社する時必要で探していたので我が家も一つ頂き、すごく助かりました💦

でも、当時どこにも売ってなかったのでどうやって手に入れたのかそれも謎…
(お菓子みたいに遠くに住む親せきの人が送ってくれたのをわけてくれたのかな…?)

おばあちゃんには一度も会ったことがないで
いつか会えたらお礼が言いたいです。


だいこん14-3


長男は苦手なので食べませんでしたが😅
あの時持ち帰っただいこんで作った切り干し大根は謎が解けた後に家族でおいしく頂きました!



ブログリーダーで読者登録していただけるとLINEで更新通知がいきます!

書籍のご案内
コミック4
書籍の内容はブログで一部公開しています

↓1巻のお話はこちら↓
長男の発達の遅れから「発達障害」という言葉を知り自分も当てはまると気づいた時の話

ADHDの私の今までの話

↓2巻のお話はこちら↓
支援が受けられる幼稚園に通い始めた時の話

療育で教わったことの話

私の汚部屋時代の話

共感覚かなと思った時の話

↓3巻のお話はこちら↓
グレーゾーンの子の集まりに参加した時の話

小学校入学前に知能検査を受けた時の話

小学校の学校見学に行った時の話

長男に「時間」を伝えようとした時の話

長男の話し方が「吃音かな?」と思った時の話

運動が苦手な長男に走り方を教えた時の話
このブログの補足です、ご一読頂けると嬉しいです→読者様へ


にほんブログ村

人気ブログランキング