この話の最初。



14-1
14-2

私にいろいろ聞かれ、騒がれ、注意され
夫にも知らない人に食べ物をもらったことを注意されたので
うまく説明はできないしよくわからないこともあるけど
ずっと「悪いことをしてしまった」という罪悪感があったようです💦💦
これは私がよくなかったかも…💦

ちなみに「お母さんの好きなだいこんの葉っぱ」とは、
私の好きなだいこんの葉の漬物のことでして
私に好物を渡せば喜んで怒られないと思ったようです😅

(漬物に適した新鮮な葉の付いただいこんがなかなか市販でないので確かにもらえれば嬉しいけど…)


 次回最後です




ブログリーダーで読者登録していただけるとLINEで更新通知がいきます!

書籍のご案内
コミック4
書籍の内容はブログで一部公開しています

↓1巻のお話はこちら↓
長男の発達の遅れから「発達障害」という言葉を知り自分も当てはまると気づいた時の話

ADHDの私の今までの話

↓2巻のお話はこちら↓
支援が受けられる幼稚園に通い始めた時の話

療育で教わったことの話

私の汚部屋時代の話

共感覚かなと思った時の話

↓3巻のお話はこちら↓
グレーゾーンの子の集まりに参加した時の話

小学校入学前に知能検査を受けた時の話

小学校の学校見学に行った時の話

長男に「時間」を伝えようとした時の話

長男の話し方が「吃音かな?」と思った時の話

運動が苦手な長男に走り方を教えた時の話
このブログの補足です、ご一読頂けると嬉しいです→読者様へ


にほんブログ村

人気ブログランキング