この話の最初。




謎のお菓子と野菜が置いてあった場所に誰もいませんでしたが
しばらくしたらうちの近所のおばさんが通りました
だいこん11-1
引っ越してきたばかりの私と違い
地元の方なので知っているかなと思い
今までのことを話して
野菜とお菓子は誰が置いているのか
聞いてみました。

だいこん11-2
だいこん11-3

大きなお家と畑を持っているおばあちゃんで
野菜作りが好きだけど一人では食べきれないらしく
たくさんとれた野菜や間引いた野菜をたまに置いているそうです。

お菓子は遠方の知人親戚からたくさん頂くようで
こちらも食べきれず、子どもの下校時間に置いてくれるんだとか。

つまり全く危険なものではなく、善意で置かれたものでした。

続きます。




ブログリーダーで読者登録していただけるとLINEで更新通知がいきます!

書籍のご案内
コミック4
書籍の内容はブログで一部公開しています

↓1巻のお話はこちら↓
長男の発達の遅れから「発達障害」という言葉を知り自分も当てはまると気づいた時の話

ADHDの私の今までの話

↓2巻のお話はこちら↓
支援が受けられる幼稚園に通い始めた時の話

療育で教わったことの話

私の汚部屋時代の話

共感覚かなと思った時の話

↓3巻のお話はこちら↓
グレーゾーンの子の集まりに参加した時の話

小学校入学前に知能検査を受けた時の話

小学校の学校見学に行った時の話

長男に「時間」を伝えようとした時の話

長男の話し方が「吃音かな?」と思った時の話

運動が苦手な長男に走り方を教えた時の話
このブログの補足です、ご一読頂けると嬉しいです→読者様へ


にほんブログ村

人気ブログランキング