こんにちは、モンズースーです。

プロフィールはこちらです
このブログの補足です、ご一読頂けると嬉しいです→読者様へ
□■□■□■□■□
箸の持ち方1

お箸と鉛筆の持ち方が正しく持てない次男。
補助具や洗濯ばさみ、お箸練習のおもちゃなど
いろいろ試したのですが効果がありませんでした。

長男の時は本人が人と違うことを嫌がったので
気にして鉛筆は正しく持てるようになり
お箸も形だけは正しい持ち方になったのですが、
次男はまったく変わりません。

専門の療育の先生に診てもらったら
まだお箸を矯正する段階ではないと
アドバイスされたのでそのままにしていたのですが
幼稚園では、鉛筆やお箸の持ち方の指導補法や
正しい持ち方を最初に教えるべきという内容の手紙を
よくもらい、気になっていました。


実は私も大人になるまで正しい箸の持ち方をせず
えんぴつも意識すれば正しく持てますが
普段は自己流の持ち方をしています。


私は字が汚く、絵を思うように描けないので
「自分は正しい持ち方ができないからちゃんと書けない」
とずっと考えていましたし
お箸や鉛筆が持てないと成長してからよく思われないこともあるので
発達の遅れで仕方がないことはわかっていても
できるだけ早く治したいと考えていました。

箸の持ち方


そんな時に「漫画家」や「神絵師」といわれる人たちの中には
ペンと持ち方が独特という人が多いと
いうような記事を読んだのですが
次男と同じ持ち方の人がいてびっくり!

絵や字の上手さは持ち方関係ないんですね、
思えば私の知り合いの絵を描く仕事の人も
変わった持ち方の人がいたな…。

正しい持ち方じゃなくても、
絵や字は書けるのだと少し安心したのですが
同時に私がうまく書けないのは
持ち方のせいではないということもわかりました😅

でもお箸の持ち方は本人が困らない程度に
少しづつでも変えられたらいいな…
と考えています。






□■□■□■□■□

書籍の内容ブログで一部公開してます。
最初の話はこちら↓
発達障害を知ったとき  療育で教わったこと  共感覚? 汚部屋時代 幼稚園生活 グレーの子たちの集まりの話 知能検査の話 学校見学の話 時間を伝えようとした話 吃音?と思った時の話 走り方の話 

□■□■□■□■□
18歳以上の発達障害当事者の方のエピソードを募集しています。
□■□■□■□■□
書籍のご案内

長男年長時代の、小学校入学の話し合いや知能検査のお話です。


誤植についてのお詫びと修正



長男、次男の集団生活の様子や新たな課題や成長、その先の進路で迷ったことなどのお話です。



発達障害期に気づき、幼稚園入園をきめるまでや私の過去を描きました。



□■□■□■□■□


にほんブログ村

人気ブログランキング