凸凹ハウス~親子で発達障害でした~

ADHDの母と、発達障害グレーゾーンの兄弟、凸凹親子の日常です。ちょっとやらかしてる日々の生活をコミックエッセイで描いてます 。

おすすめカテゴリー

猫のお世話係になったお話 最終話

こんにちは。コメント、メッセージありがとうございます!

すべてにお返事ができず申し訳ありません。


すべて嬉しく拝見させて頂いてます!
 
プロフィールはこちらです
このブログの補足です、ご一読頂けると嬉しいです→読者様へ
□■□■□■□■□

この話の一覧はこちら↓
猫のお世話係になったお話

ついにおばさんが帰宅する日が来ました、
この時のことをごまおさんの視点から描いてみました↓

コミック1
コミック3



この時のことをおばさんが
「母ちゃんがあの世から戻ってきた」って顔してたと言っていたので
勝手にアテレコ入れさせてもらいました(^^;)

おばさんを見てすごい形相で逃げ出したごまおさんは
数時間後に私が庭から回収し、おばさんへ引き渡しました、
最初は落ち着かない様子でしたが、しばらくしたら安心したようで
夜は寄り添って寝たそうです。

ヨボヨボで年を越せないと医師からも言われていたずんださんは
年を越し、令和を迎え、今も叔母と一緒に暮らしています!

いろいろありましたが、みんな無事で叔母に会えてよかったです。

当初の予定より長くなってしまいましたが
猫のお話はここまでになります。
最後まで読んでいただきありがとうございました!






□■□■□■□■□

書籍の内容ブログで一部公開してます。
最初の話はこちら↓
発達障害を知ったとき  療育で教わったこと  共感覚? 汚部屋時代 幼稚園生活 グレーの子たちの集まりの話 知能検査の話 学校見学の話 時間を伝えようとした話 吃音?と思った時の話 走り方の話 

□■□■□■□■□
18歳以上の発達障害当事者の方のエピソードを募集しています。
□■□■□■□■□
書籍のご案内

長男年長時代の、小学校入学の話し合いや知能検査のお話です。


誤植についてのお詫びと修正



長男、次男の集団生活の様子や新たな課題や成長、その先の進路で迷ったことなどのお話です。



発達障害期に気づき、幼稚園入園をきめるまでや私の過去を描きました。



□■□■□■□■□


にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 源一族
    • 2019年09月30日 13:29
    • ごまおさんっ!ꉂ(˃̤▿˂̤*ૢ)'`,、
      お世話係シリーズ楽しかったです。アテレコはごまおさんの心の声そのものだと納得しました!お疲れ様でした (❁´⌔`❁)/~
    • 0
    • 2. 清水理恵子
    • 2019年09月30日 22:20
    • ずんたさんに、ハラハラしたけど
      めでたしで良かったです。\(^_^)/
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット